メディア掲載情報

デザイン専門誌「デザインノート」70号に1Pで取り上げられました

アルマデザインオフィス、東京のデザインオフィス、東京のデザイン事務所、恵比寿のデザインオフィス、恵比寿のデザイン事務所、ARMAdesignoffice、CI,VI,トータルデザイン,クリエイティブ企画製作,撮影,写真撮影,動画撮影,デザイナー契約,さた佐谷圭太,KEITA SATAI,KTA,ロゴデザイン掲載,デザインノート70号

協業しましょう

新しいつながりから生まれる

価値あるモノゴトを求めて。

お役に立てそうなことがあれば

​お気軽にご連絡ください。

COPYRIGHTS 2019 | ARMAdesignoffice,LTD | 4-12-14 Ebisu Shibuya-ku Tokyo JAPAN | mail@arma-designoffice.com

Vision

時代を超えてゆくデザインに挑戦し続け

質の高いデザインシップを通じて

クライアントの課題を解消するために

​尽力いたします。

Concept

社名のARMA(アルマ)は「Harmonization」の綴りから文字を抜きだし当てた造語で「調和」を意味します。混沌とした情報を整理して可視化することや、見失っていることを視覚化し拡げて、本来あるべき姿に調和させることがデザインの務めであると考えています。

Continue to challenge the design that goes beyond the times, through high quality design ship.
To solve the client's task, I will do my best.

Nature Harmonization(自然調和)

Human Harmonization(人々との調和)

Global Harmonization(国際調和)

Corporate Harmonization(企業調和)

Company Information

Founder

Designer

佐谷圭太

Keita Satani

​幼い時に父の仕事の関係で家族でクウェートに住む。異なる国、宗教観、全ての体験が刺激的で、現地の日本人学校へ通いながら今の自分の価値観はここで大きく育ったと考えている。

メーカーにおいて広告の企画制作やデザインマネージメントを担当するサラリーマンでありながら音楽活動に明け暮れる日々を過ごし、2004年にエコ関連の小さな商社を友人と始めるために独立。まだ知られていない取り組みや可能性をどのようにデザインすればよいか模索しつつ、それを楽しみに変え、事業を広げていこうとしていたとき、デザインの可能性により一層興味が深まる。自身の事業のみならず、身近なモノゴト/ブランドの潜在的な魅力をデザインで表現したいと考えるようになり、2006年に広告宣伝の企画制作、CIVIを基本とするトータル性を秘めたデザインシステムを構築することや、様々な表現方法でクライアントのクリエイティブ面をサポートするアルマデザインオフィスを開設し現在に至る。

​<主な活動履歴>

・文科省高校生特別育成方針

 「スーパーグローバルハイスクール」 SGHロゴマークデザイン

・オタフクソース新ロゴタイプデザイン

スーパーシップ(KDDIグループ)エレメントマークデザイン

創業250年「九重味淋」CI及びロゴデザイン

​・帝京短期大学の大学案内に関するクリエイティブ企画制作

​・渋谷東急百貨店メンズフロアにおける宣伝物等のデザイン

・その他企業、店舗のCIVI制作におけるアートディレクションとデザイン、パッケージ、WEB開発、プランニングからデザイン制作まで幅広く携わる。