How To Symbol Mark Design 03

​コンセプトをシンプルに象徴化してみる

1.コンセプトをマークに封じ込める

コンセプトはCDから指示が来ていたのでクリアすべき形状やアイデアを模索していきます。​この場合、コミュニケーションがテーマだったので、文字の中に何かと何かが繋がる(結ぶ)ような形状にしたいと考えました。

2.一体感のバランスを探る

ロゴタイプを損ねないようにバランスを見ていきます。マークを斜めにしたほうが全体が躍動するように見えてきました。バランス、パワー感などがフィットするまでデリケートな検証を繰り返します。

3.ディテールを追い込み完成

​マークとの距離感、縦のバランスなど、マークだけが大きく見えてもダメですし、小さくなりすぎて弱々しくなるのもダメです。ロゴタイプと並べて一体感が生まれる位置まで繰り返し検証し、完成です。

メディア掲載情報

デザイン専門誌「デザインノート」70号に1Pで取り上げられました

東京都渋谷区恵比寿のデザイン会社、東京都渋谷区恵比寿のデザイン事務所、恵比寿のデザイン会社、恵比寿、デザイン会社、デザイン事務所、アルマ クリエイティブハウス、arma creative house、佐谷圭太、SATANI Keita、CIVI、ロゴ、ロゴデザイン、ブランディング、企画制作、撮影、ブランドブック、カタログ、パンフレット、広告、広告デザイン、グラフィックデザイン、ロゴづくり、ロゴデザインのアルマデザインオフィス、ロゴデザインはおまかせください、シンボルマーク、シンボルマークデザイン、オタフクソースの新ロゴ

協業しませんか

モノゴトの価値を高める取り組みをご一緒に作りませんか。

お役に立てそうなことがあれば​お気軽にご連絡ください。

アルマデザインオフィス|東京都渋谷区恵比寿4-12-14|mail@arma-designoffice.com|CI VIデザイン|ロゴデザイン|恵比寿のデザイン会社