企業の歴史に学び、意匠資産をアレンジする
​歴史が深い企業のケース

1.会社の歴史や創始者の思いに注目

企業ロゴは会社の歴史やビジョンを形にすることを考えます。特に歴史のある会社は創業者の物語や受け継がれてきたことにデザインの核を発見できるものです。

九重味醂ロゴデザイン、CI/VI、ロゴデザイン、ロゴ、恵比寿のデザイン会社、恵比寿のデザイン事務所、アルマデザアルマデザインオフィス、佐谷圭太
meet02-02_edited.jpg

2.モチーフを探す

これまで使用されてきた意匠を調べて残せる要素がないか探します。このような昔から使用されてきた意匠をリアレンジすることもありますが、まったく新しい造形を創造する方向も模索していきます。

meet01-01_edited.jpg

3.視点を変えみる(過去と現在を結ぶ)

本ケースは創業250年という時間の重みと佇まいに負けない強さを求めて「縄文の美」を参考に。創造性にあふれ逞しく強いビジュアルが強いエネルギーをもたらすのではないかと発想しました。創始者の氏名から一文字「八」に注目。そして社名でありブランド名で使用されてきた「九」を合わせて、造形文字をマークにすることを発想します。

CI/VI、ロゴデザイン、ロゴ、恵比寿のデザイン会社、恵比寿のデザイン事務所、アルマデザアルマデザインオフィス、佐谷圭太、老舗のグラフィックデザイン、和物デザイン
CI/VI、ロゴデザイン、ロゴ、恵比寿のデザイン会社、恵比寿のデザイン事務所、アルマデザアルマデザインオフィス、佐谷圭太、老舗のグラフィックデザイン、和物デザイン

4.ディテールを追い込み完成

これまで使用されてきた桜マークをあしらい、各モチーフが一体となるように細かく整理しいきます。だいたい1週間見ずに寝かせて置き、後日新鮮な視点で見直し修正を繰り返して完成です。

​カラー設定についてはプロダクツの特性から配色を決定しました。

九重味醂ロゴデザイン、CI/VI、ロゴデザイン、ロゴ、恵比寿のデザイン会社、恵比寿のデザイン事務所、アルマデザアルマデザインオフィス、佐谷圭太、老舗のグラフィックデザイン、和物デザイン
九重味醂ロゴデザイン、CI/VI、ロゴデザイン、ロゴ、恵比寿のデザイン会社、恵比寿のデザイン事務所、アルマデザアルマデザインオフィス、佐谷圭太、老舗のグラフィックデザイン、和物デザイン
九重味醂ロゴ、九重みりんロゴ、佐谷圭太