top of page

​アイデアを形にしましょう

アイデアを形にできないこと、ありませんか?

そんなお悩みがあれば、コンセプトワークからデザインフィニッシュまでお供いたします。「案ずるより産むが易し」。視覚化することで、その先へ進む糸口が見えてくるものです。​

ブランドづくりは木を育てることに似ています

ブランドツリーの説明イラスト.png

木は土壌と根がしっかりとしているからこそ、大きな木立に生育します。

ブランドを作りたいけど何からはじめればいいの?とお考えの方は

まず、ビジョンとコンセプトをしっかり定めましょう。

そのビジョンをシンボライズ化し「木立」に育てるのです。

ひとつのブランドスタイルを持たせて製品ラインナップを展開することで森にしたり

ひとつの会社でいくつも「木立」を育てて「ブランドの森」にする考えもあると思います。

或いは、ブランドコンセプトをひとつの製品を通じて表現する手段もあるでしょう。

​いずれにせよ森にすべきメリットは、遠くからでも固まりとして認識し易くなるためです。

どのようなブランドにしたいか、はじめにしっかり定めるところからスタートしましょう。

SHOWCASE

自社ブランドの立ち上げまでをプロジェクト化

アウトドアスポーツ関連の自社ブランドを作りたいとのことでご相談をいただきました。ブランドの立ち上げまでをプロジェクトに決め、スタッフと協議を重ねながらコンセプト、CiVi、シンボルマーク、ロゴ、グラフィックエレメントの設計等を行いました。現在も企画進行中につき発展途上です。​​

シンボルマーク、ロゴ、ロゴデザイン、アウトドアブランド、佐谷圭太、アルマデザインオフィス、アウトドアグッズのデザイン、
シンボルマーク、ロゴ、ロゴデザイン、アウトドアブランド、佐谷圭太、アルマデザインオフィス、アウトドアグッズのデザイン、
シンボルマーク、ロゴ、ロゴデザイン、アウトドアブランド、佐谷圭太、アルマデザインオフィス、アウトドアグッズのデザイン、
シンボルマーク、ロゴ、ロゴデザイン、アウトドアブランド、佐谷圭太、アルマデザインオフィス、アウトドアグッズのデザイン、
ショップカード.png
top_キービジュアル_クーラー.jpg
P1022134.png
P1022224.png

<実施例: 内容は契約ごとに異なります>

✔︎活動費は月極契約(6ヶ月・12ヶ月の更新制)

✔︎コンセプトの精査・整理・開発

✔︎CiViを基軸とする構想、企画の助言(商品開発は社内推進)

✔︎デザイン製作、撮影(必要に応じた対応)

bottom of page